不眠症とは


「眼がさえて眠れない」「疲れているのに眠れない」「眠りたいのに眠れない」
「気になることがあって眠れない」などの症状を不眠症といいます。


人間の体には自律神経という神経があります。
自律神経は、眠ったりリラックスしたりする時の副交感神経と動いたり働いたりする時の交感神経と二つあります。


普段、生活していると、夜は副交感神経(休む神経)が
強くなるため眠くなるのですが、不眠症の方は夜でも交感神経(動く神経)が活発なため眠くなりにくくなってしまっています。

不眠症に種類があることを知っていますか?