猫背と自律神経

自律神経失調症やうつ病になる原因として
悪い姿勢が発症の要因と考えられるケースもあります。

特に問題となる姿勢が猫背。

猫背になると顎を上げようとする姿勢になり
後頭骨と首の境目が狭くなってしまいます。
この事で硬膜が折れ曲がり自律神経に負担をかけます。

硬膜の中を循環している脳脊髄液の流れが悪くなり
脳の機能低下に繋がってしまいます。

そうなると、自律神経失調症やうつ病に
なりやすいカラダになってしまいます。

脳脊髄液の流れが悪くなると

・頭全体が重い
・頭痛
・忘れっほくなる
・目の奥が疲れる、重いなど7の症状が出てきます。

猫背の方でパソコン作業の多い方
姿勢には気をつけましょう。