月経とイライラ 更年期とのぼせ

月経前のイライラや憂うつ、冷えやだるさ、胸の張りや肌荒れなどの症状はなぜおきるのか?
これは普段とは異なるホルモンの分泌にバランスを崩してしまうからです。その影響から自律神経に乱れが生じます。
ですがこういった症状も月経が終われば治るので、冷え対策をとり、リラックスして乗り越えることが大切です。

 

閉経前後の時期を更年期といいます。
更年期になると、卵巣ホルモンをはじめ、いろいろなホルモンの分泌のバランスが乱れてきます。

 

ホルモンの分泌量のバランスが乱れてくると体調も不安定になります。自律神経のバランスが崩れて更年期障害などに陥ることもあります。

 

女性の自律神経失調症でも挙げた、眠くなると手足が温かくなるのは、副交感神経が働き血管が拡張するため体温が上がり、逆に緊張している状態は交感神経が働いているため血管が収縮し体温を下げる。更年期になるとホルモンの分泌量のバランスの乱れから、体温の調節も乱れ一時的に血管が拡張することによりのぼせほてるなどの症状が起こります。

 

このように、女性はホルモンバランスの乱れによって、自律神経失調症に陥りやすいと言えます。