第9章 産後の腰痛には骨盤矯正

産後、腰痛になってしまった方
腰痛がひどくなってしまった方が多くいると思います。

理由としては・・・

姿勢の問題

母体に赤ちゃんがいる事による体重の増加
カラダの重心が前方に移動することにより

  • 腰椎部の反りが強くなる
  • 骨盤が前に傾く
  • 椎間関節が狭くなる
  • 椎間板後方に負担がかかる

ホルモンの影響

女性は、出産時に赤ちゃんが狭い骨盤を通って出てきます。
女性ホルモン(リラキシン)の分泌で
骨盤を繋いでいる関節、靭帯を緩ませる作用から
産後骨盤が不安定な状態になります。

リラキシンの作用により
関節が過剰に動くため
筋肉、腱などに普段以上に負担がかかる。


この2つの問題が産後腰痛になる原因と言えます。
しかし、産後不安定な骨盤を矯正することで腰痛が出ない骨格に変えることができます。