第6章:デスクワークと腰痛

デスクワークをされている方で
慢性的な腰痛を持った方は多いはずです。

なぜなら、立っている時より、座っている時の方が
腰の椎間板(髄核)に圧力が多くかかるためです。

デスクワークでの腰痛の一番の原因は、
イスの座り方にあります。

良い姿勢、カラダに負担がかからない姿勢で
仕事をするのが理想的ですが
長時間となると、そうはいかないものです。
イスにもたれ掛り、楽な姿勢をする事で
腰椎部の椎間板内にある髄核が後方移動
腰背面の筋肉が常時引っ張られ
短縮性を失い、痛みとして出ます。

では、イスの座り方で気をつけることは・・・

  • 背もたれに背骨を真っすぐにつけて
    背骨のS字湾曲をしっかり保つために
    膝を腰よりも高くすること。
    座る際、足の下に分厚い本などを使うと良い。
  • アゴを前に突き出さないこと。
    (パソコン仕事の方は注意)
  • 坐骨を立てて座ること。
    (坐骨とは、イスに座る際に当たるお尻の骨)
  • 同じ姿勢で長時間座っていないこと。

以上の事に気を配り、座る際良い姿勢を保ちましょう。