第5章:椎間板ヘルニア

椎間板という言葉を聞くと、真っ先に浮かぶのが
椎間板ヘルニアでは、ないでしょうか?

ヘルニアの図

そもそも、この椎間板とっても大事な役割をしています。

背骨を曲げたり、伸ばしたりと自由に動かす事が
出来るのも、この椎間板がおかげであるとも言えます。

要は、骨と骨の間のクッションの役目をしています。

椎間板の中は、髄核(ずいかく)というゼラチン状の液体が
詰まっていて、そのまわりには、繊維上の軟骨組織が重なって出来ています。

この椎間板、成人を越えた頃から徐々に衰えてきます。

これは、防ぎようない事ですので、
悪い姿勢、背骨に過度なストレスなど、かからないようにする事が大事。

椎間板に負担がかかる事を続けていると
繊維輪(せんいりん)にヒビが入り、髄核が脊髄神経にあたり
激しい痛みを生じます。

椎間板ヘルニアは、そうそう突然起こるものでもないため
症状が軽い腰痛のうちに治療するのがもっとも良いことです。
この状態が、椎間板ヘルニアです、
(ちなみに、ヘルニアとは、飛び出す、脱出するという意味です。