第三章:前かがみで腰が痛い

前屈で腰が痛い理由は・・・

「筋肉の問題」

前かがみになった時、骨盤後面に付着している筋肉
大殿筋(お尻)、ハムストリング(太ももの裏)が
固くなっているため、骨盤が滑らかに動いてくれず
腰椎(腰の骨)に過度な負担がかかる為痛い。
*それと、大腰筋の短縮の問題もあります。


「髄核の問題」

腰椎椎間板の髄核が後方に移動しており
前方に戻す必要があります。

このような方に多いです。

当院では、特に男性。

・デスクワーク、運転手、中腰での作業が多い方
・イスに座っている時、背中を丸めて座っている方

慢性化すると・・・

座る時間が長い人は、腰から背中にかけて
丸くなり易い傾向があり
習慣化する事で、猫背になる。

脅かす訳ではないですが
椎間板ヘルニアやぎっくり腰になる可能性が高いです。

「ストレッチ」

症状が悪化しないために
次のストレッチをやってみましょう。

1、仰向けになり、片方の膝裏に両手を引っ掛け
胸にゆっくり近づけ、そのまま20秒。

2、片膝を立て、もう一方の足を立てた足に乗せます。
胸と足を近づけ、気持ち良い所で止めます。

「ストレッチで意識する筋肉」

★大殿筋

★外側広筋

★(ハムストリング筋)