第二章:腰痛にならないために

腰痛は未然に防げます。

腰痛になる人は、痛くなる前に
腰に何かしら違和感を感じている方が多いと思います。

この違和感を放っておくと
ぎっくり腰、椎間板ヘルニアなど重度の腰痛になりかねません。

症状が悪化する前に、カラダに油を注す感じで
毎日ストレッチをする事が重要になってきます。

●ストレッチの注意事項

・カラダが充分温まった状態で行ってください。(入浴後)
・反動をつけず、気持ちのよい所で約20秒はそのまま状態で。
・はげしい痛みのある時は、控えてください。

まずは、この腰痛体操2種類。 入浴後、起床時に。

★「意識する筋肉」

(腹斜筋)           (腰方形筋)

1. 仰向けに寝て、両膝を立てます。

両膝を揃えたまま、床に向かって倒します。
この時、顔は両膝を倒した側と逆方向にします。(各20回程度)

2. 片足を反対方向の真横に伸ばし

伸ばした足が床から離れないように手を添えます。
この時も、顔は伸ばした側と逆方向にします。
気持ち良い位置で、左右交互に行ってください。(時間 5分程度)